<FONT SIZE="1">灰色の貴方へディルアーングレーイ が大好きな大学一年生。 「アニメおたく」とか「小説おたく」とかじゃなくて、基本属性がおたく。 ちょっとでも気に入って頂けましたら、ポチっとしてやって下さい。大変励みになります。→<a href="http://blog.with2.net/link.php?78787"target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/banner_02.gif" border="0"></a> こちらも是非→<a href="http://www.webclap5.com/cgi-bin/clap3/clap.cgi?3-aestheticism" target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/nekochan.gif" alt="web拍手" border="0"></a> <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" target="_blank"> <img border="0" width="88" height="31" alt="" src="http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=050514786260&wid=001&eno=01&mid=s00000001387003009000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" alt=""> <font size="1">……なんか…… HPに広告載せるだけで儲かるのって、良いですね☆ がっつり稼いで悠々生活、ああ確かにこれなら儲かるわ?な極意満載。 <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" target="_blank"> <img border="0" width="120" height="60" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=050503584245&wid=001&eno=01&mid=s00000001097003008000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" alt=""> <FONT SIZE="1">eブックオフ……日本最大のオンライン中古書店。欲しい本等ありましたら、是非ご活用を☆2000円以上の買い上げで送料無料になります。 ちょっと自分で買いに行くのは恥ずかしい時に良いですね(笑)コンビニ受け渡しも選択可能です。かなりおススメ。CDのラインナップも充実! <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" target="_blank"> <img border="0" width="100" height="60" alt="" src="http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=050428521532&wid=001&eno=01&mid=s00000002295003003000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" alt="">最近話題の電子書籍を購入できます。 本は持ち歩かないけどノートパソコンは持ち歩くよって方は、安価でDL出来るので是非☆この機会にデカダンの巨匠・太宰作品でも読んでみては??どうやら無料で本が出せたりもするらしいです。 </FONT><!-- バナー(FC2 Affiliate) ここから --> <a href="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=11530&aff_siteid=10886&aff_shopid=1" target="_blank"> <img src="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/banner.cgi?aff_siteid=10886&bid=43&uid=11530" width=120 height=60 border=0></a> <!-- ここまで --><font size="1">私がお世話になっているFC2ブログの方で、AS募集中だそうです。広告掲載で御小遣いゲットだぜー</font>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
onibi.jpg



「代ちゃん、あばね!」



言わずと知れた横溝正史の、初期の作品の中から選って「鬼火」を紹介してみます。
元々は、タイトル「鬼火」で文庫が発行されており、「蔵の中」「面影双紙」などが収録されていた模様なのですが、今現在発行されているものはタイトル「蔵の中」となっており、鬼火と言うタイトルでは発売されていません。「蔵の中」と言う作品集の中にこの作品が載っていますので注意して下さい。鬼火で探しても無い とか言うことになり兼ねないです。
私は横溝全集で読んだので預かり知らぬところですが、まあそんなことがあるみたいです。笑 唯あるのなら全集で読むことをオススメ致します。全集ですと、当時検閲に引っ掛かって削除された文章がきちんと載っていますし、裏話なんかも偶に載ってたりします。横溝が乱歩のゴーストライターを務めたことがある、なんてエピソードも読めてお得ですよ、全集。笑


まあそれは取り敢えず置いておいて、作品について簡単に触れますと、
従兄弟同士である二人の男が、互いの迸る才気のために、嫉妬し合い、憎しみ合い、けれどもお互いに結局離れられずに、最期には双方破滅して行く哀しくも美しい物語です。

幼い時分から良く出来た子供であったこの従兄弟同士は、大人たちに賞賛され、競争心を焚き付けられ、計らずもお互いがお互いに反発心を覚えて行きます。
いつでもどこでもお互いにだけは屈するまいと頑なになる二人の、身を打ち滅ぼし兼ねないほどの相克心が、例えば片方が冬の湖に落ちた時、「お前が自分の子分になれば助けてやる」との言葉と共に差し出された従兄弟の手を意地でも取らず、やっと大人に救出され大熱を出して寝込むものの、意識を取り戻して第一声「お前に助けてもらった訳ではないから、お前の子分になる義理はないよ、良いね」と念を押すと言うようなエピソードを幾つか連ねることによって非常にリアルに描き出されています。

やがて二人は、持ち前の競争心から二人揃って画家になりますが、そこからお互い足を引き合って、転がるように奈落の底へと転落して行きます。
その転落の様は是非読んで確かめて頂きたいのですが、流石そこは耽美表現の旗手横溝氏、圧巻です。
救いの無い話ではありますが、読了感は非常に良いです。昇華された感じがします。笑

ここから一人よがりの感想になりますが、
こうしてお互い激しく憎み合い殺め合うような運命を背負わされた二人ですが、それでもどうしてもお互いから離れる術を持たなかったのは、決して持ち前の相克心からだけではなく、魂の奥深いところで「自分と同じ存在」である互いを強く求め合っていたからのように思います。
強く求め合っているにも関わらず、競うことでしかお互いの存在を確かめられなかった彼らの姿は、とても美しくて果敢なげです。
金田一シリーズしか読んだことないよ!って方には是非読んで欲しい中篇であります。


外に収録されている「蔵の中」は、亡くなった姉の面影を抱いて蔵の中で一人遊戯を続ける美少年が、ある危険な遊びを覚えそれに耽る内に破滅を迎える話です。これも秀逸な作品です。
「面影双紙」では、骨格標本を愛撫する少年の描写が非常に官能的だったのが印象的でした。笑


とにかく耽美、退廃、溢れんばかりの色気でもって魅せてくれます。
横溝は中高生の読み物じゃありません。
大人の読み物です。笑




sumizome.jpg


まつとしきかばいまかへりこむ




大導寺一族の末裔・静音は、幼なじみで新進の推理作家・藤枝直顕の願いで、遠縁の老婆・妙蓮院笑子を訪問した。直顕から静音の“顔”が彼女の話を聞き出すのに必要だと頼まれたからだ。二人を前にした老婆は、静音の顔を見て叫び声を上げた!老婆・笑子は、やがて自身の若かりし頃を語り始める―それは、静音の大叔父・乙音と直顕の祖父・清顕との死に彩られた悲恋の物語だった…。壮大なスケールで語られる絢爛たるミステリー・ロマン。
(「BOOK」データベースより)





栗本薫氏著の、大導寺家と言う平安時代から続く旧家の人々の愛憎劇を綴った「六道ヶ辻」シリーズの四作目?です。
一?三作目を飛ばして読んでしまったのですが、一読で虜になってしまいました。笑 強烈だった……!

ストーリーとしては、概ね上の「BOOK」データベースからの引用の通りなのですが、しかしあのストーリーをこう言う形で要約してしまうのも非常に無粋なことのような気もします。内容を紹介することすら無粋な気がしますが、まあ取り敢えずこの本の何が私を虜にしたかと言いますと、

ドロドロに絡み合った人間関係

です。これに尽きます。
女は女に恋しその女は男と友愛を結びその男は男に恋しその男は女に……ともう何がなんだかわからないくらい美味しい設定。
時代は昭和初期、戦争の暗い影が落ちる日本、没落して行く間際の華族社会。緩やかに破滅に向かう時代の中、世俗とは掛け離れた次元でみやびやかに繰り広げられる愛憎劇はいっそ官能的でした。

ですがそれ以前に、
物語の筋そのもの以前に私の心を捉えてやまなかったのが、二人の登場人物、主人公の妙連院笑子と裏の主人公と言っても差し支えないだろう大導寺乙音でした。
まず主人公の笑子。
何故彼女に惹かれたのかと言えば一言で言って自分と同じ匂いを感じたからです。要するに彼女が腐女子だったからです(うわあ)
乙音が清顕に対する恋情をあけすけに彼女に話す度に、彼らを題材にした官能小説を書いていたと言うのだからもう手に負えません。笑
そんなこんなで彼女に感情移入し過ぎた結果、彼女の一挙一動で顔に血が上ったり下がったり心臓が止まりそうになるほどショックを受けたりととても忙しかったです。笑
そしてもう一人、大導寺乙音。
殺伐とした時代にあってなおみやびやか、果敢なげなのに芯が強く燃え盛るような情熱を胸に秘めて生きた彼の姿は涙無しには語れません。
物語を最後まで読み進め、彼の秘めた情熱を理解出来たとき、もうもう苦しくて涙が止まりませんでしたよ……!そしてそれを踏まえてもう一度初めから読んだ時の切なさったら無いです。



複雑に絡み合っているようでいて結局は全てが単で純な綺麗な動機の元に収束する様は東亰異聞もかくやって感じですね。
これぞ美 って感じのストーリー展開・舞台設定・台詞運びには御見それしました。

戦争、と言う歴史に引き裂かれ時を止めた、不器用な少年少女たちの恋物語が現代においてどのように収束するのか、是非確かめてみて下さい。クオリティは保証します。笑




  
ElKumiBook.jpg



第四の地平線|その楽園の名は―――



――退廃へと至る幻想 背徳を紡ぎ続ける恋物語――
SHの本領発揮とも言うべき久々のStory CDです。
当作のテーマは『楽園』と『奈落』
ある父娘が望んだ世界を中心に物語りは廻り、
現実と夢想が侵食し合いながら交差/展開してゆきます。

(OHPより抜粋)



同人音楽サークルからメジャーデビューを果たしたSound Horizonの「Elysion ?楽園幻想物語組曲?」です。
友人に薦められて真っ逆様に墜ちました 笑
この一つのアルバムの全曲を通して一つの物語になっています。
良くある「コンセプチュアルアルバム」みたいなものか、と思われるかも知れませんがちょっと違います。コンセプチュアルどころの騒ぎじゃなくてホントに全曲通して聴かないと話がわからなくなってしまいますから 笑
正に組曲!って感じです。陰陽座を知っている方は組曲「黒塚」、組曲「義経」を思い浮かべて貰えればわかると思います。あれをアルバム単位でやっちゃった感じです。



このアルバムは、一般的なJ-POPとは一線を画しています。何故かと言うと、

?旋律が第一では決してない
音楽性は非常に高いのですが、メロディに歌詞を載せて歌うと言うよりは、メロディを背景に物語を語っている感じだからです。
勿論ちゃんと歌唱と独白パートを使い分けて上手く世界を構築しているのですが、独白しかない曲なんてのもあります。
?メッセージ性が希薄
「恋愛って辛いよね」とか「明日も頑張るぞ」とか「友情って素晴らしい」とか、J-POPの要とも言えるメッセージ性は皆無です。
飽くまで物語を歌っているので、聴き手が何かしらのメッセージをこのアルバムから受け取ることはないと思います。
?読めない
難解な単語・造語のオンパレードで歌詞無しに世界観を理解することは到底不可能。不響和音で「ハーモニー」なんて可愛いもんです。見て行くと「彼」で「オルフェウス」、「乙女」で「エウリディケ」なんてのもあります。こう言うのが好きな方には正に垂涎ものだと思います。私もその一人です。笑
?主題が難解
アルバム全体で一つの物語だと書きましたが、その物語を理解するにはある程度の考察が必要です。聴いたらすぐわかるタイプのものではないことは確かです。そこに燃える方には正に垂涎も(ry
?さらに主題が独特
良くも悪くもオタク臭いです。
耽美・退廃方面への免疫がない方が聴いても「は?」で終わってしまう可能性が高いです。



と、つらつらとマイナスポイントと思しきことばかり書いてみましたが、寧ろ上の項目を全て読んだ後「……面白そう」と思った場合は絶対嵌ります。断言出来ます。笑
裏返せば、このブログで紹介しているような作品を好む傾向があるマイノリティな方々(と言うと失礼ですか)には受けるタイプの作品だからです。

非常に堪能させていただきました。
聴くときは片手間にではなく、童話を読むように歌詞カードを開いて、がっちり聴いて欲しい作品です。



なんとなくバナーも貼って応援(笑)
ElyBan3L.jpg




onmyoza.jpg



それは私が死んだ我が子を

喰ろうてしもうたからです




1999年のバンド結成から、その特異なスタイルと徹底したコンセプチュアルでプログレッシヴなサウンドで、独特の路線を行く陰陽座のベスト・アルバム。デビュー・アルバムから最新作までの重要曲が存分に堪能できる2枚組だ。
(「CDジャーナル」データベースより)




重金属妖怪、こと妖怪へヴィメタルバンド、「陰陽座」のベストアルバムが発売です。
発売は2月8日でしたが、手元に届いたのが11日、聞き込むのに3日かかっての視聴レポートです。笑
陰陽座と言えば黒猫姉様と瞬火さんのツインヴォーカル。
艶のある女性ヴォーカルと、迫力のある男性ヴォーカルが織り成す陰陽座ワールドが冴えてます。
特に黒猫さんの歌唱力はちょっと他ではお目に掛かれないほどのものなので、一度聴いて見てはどうだろうかと思います。おどろおどろしいダークな声、透きとおるようなクリアな声、叩きつけるような張りのある声にアニメ声まで(笑)、何でもこなす様を見て一部のファンから黒猫さんが使い分ける主な三種の声色は「三種の神器」と呼ばれるほど。ホントは三種どころじゃないんですけどね。

ベストアルバムですので、筋金入りのファンの方は収録音源を全て持っているかと存じますが(私も殆ど持ってますし)、しかしこれはそれを考慮しても買い、です。デジタルリマスタリングと言うことで音がとても綺麗になってます。桜花ノ理なんかちょっと感動しちゃいました。



ディスク: 1
1.醒           2.睡
3.甲賀忍法帖     4.百の鬼が夜を行く
5.桜花ノ理       6.羅刹
7.妖花忍法帖     8.窮奇
9.鼓動         10.火車の轍
11.焔之鳥       12.鳳翼天翔
13.梧桐の丘      14.式を駆る者
15.月に叢雲花に風 16.舞いあがる
17.悪路王      18.がいながてや

ディスク: 2
1.卍        2.奇子
3.組曲「黒塚」?安達ヶ原  4.組曲「黒塚」?鬼哭啾々
5.氷の楔        6.鵺
7.組曲「義経」?悪忌判官  8.組曲「義経」?夢魔炎上
9.組曲「義経」?来世邂逅    10.煙々羅
11.螢       12.陰陽師




案ずるより生むが易しって言うか、聴いた方が速いって言うか、
「日本が好き!」「漢字が好き!」「重い音が好き!」「一風変わったものが好き!」って方は聴けば良いと思います。虜になること間違い無し。
オフィシャルサイト(→)を見て「いける」と思ったら失敗は無いと断言できます 笑


黒猫さんのクリアボイスが冴え渡る「睡」。
キャッチーなメロディにマニアックな歌詞の「月に叢雲花に風」、
関連曲である「焔之鳥」「鳳翼天翔」「梧桐の丘」、そしてファン内でも人気のとても高い「桜花ノ理」。
ディスク「陽」でまず陰陽座ワールドに取り込まれること間違いなしです。
そしてディスク「陰」が真骨頂です。
まず私が知人に陰陽座を勧める時に真っ先に聴かせる、「陰陽師」。
結構皆冒頭で度肝を抜かれるのですが、八分と言う長さにも関わらず飽きの来ない構成・勢いのあるメロディーで一気に聴かせてくれます。ヴォーカル二人の「語り」が印象的な楽曲です。
「語り」と言えば「組曲「黒塚」?安達ヶ原」と「鵺」は外せません。
先に書いた「それは私が?」の下りは前者のものですが、「喰ろうてしもうたからです」で背筋が凍ります。「鵺」とは源頼政が射取った頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎、声はトラツグミと言うなんとも奇怪な伝説上の生き物ですが、この曲の語りがまた壮絶。
雪女の悲しい恋を描いた「氷の楔」、自然と心が静まる「蛍」とバラードも秀逸。


へヴィメタル+和と言う一見ミスマッチな組み合わせが生んだ珠玉の音源を是非体験してみて下さい。


このベストアルバムを聴いた後は、「夢幻泡影」、「百鬼繚乱」と続けて聴くことを個人的にオススメします。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

saya.jpg




―――それは、世界を侵す恋




久々の更新が18禁PCゲームってどう言うことなんでしょうね 笑
結構昔にプレイしていたのですが、ここで紹介する踏ん切りが付かずにやりっぱなしになっていました。
そんな訳で18歳未満の方は悪しからず、18歳以上の方で未プレイの方には朗報です。こんなに素晴らしい作品があるんですよ!笑



医科大学を舞台にした男女4人の恋物語を描いた18禁アダルトアドベンチャーゲーム。交通事故で生死の境をさまよった匂坂郁紀は、いつしか独り孤独に、恐怖と嫌悪だけに塗り込められた世界を生きるようになっていた。彼に親しい者たちが異変に気付き、救いの手を差し伸べようにも、そんな友人たちの声は決して郁紀に届かない。そんな郁紀の前に、一人の謎の少女が現れたとき、彼の狂気は次第に世界を侵蝕しはじめる。シナリオを「吸血殲鬼ヴェドゴニア」「鬼哭街」の虚淵玄氏、原画を中央東口氏が担当。フルボイス対応。
紹介(「丸紅インフォテック」データベースより)




巷で「肉塊ゲー」の二つ名で愛されているこの作品ですが、噂に違わぬ肉っぷりです。隠す必要も無い設定だろうと思うので言ってしまうと、上の紹介文にある「恐怖と嫌悪だけに塗り込められた世界」と言うのは、交通事故に遭って脳に損傷を受けた主人公・匂坂郁紀が見るようになった幻覚としての世界に他なりません。その幻覚がまた、流石ニトロプラスと言うべきか、かなり通常の作品からは逸脱しています。

つまり肉塊ゲーとの二つ名の通り、匂坂郁紀の見るようになった幻覚とは「肉塊に埋もれた世界」。
血と臓物に塗り込められた、日常とは掛け離れた世界です。

建造物は勿論、今まで親しかった人間すらもそうしたおぞましい肉塊に見えるばかりか嗅覚までもが幻覚に閉ざされ、郁紀は次第に孤独に心を閉ざして行きます。

そんな中、唯一人間の姿をして郁紀の前に現れたのが「沙耶」と言う少女です。
沙耶以外に心の拠り所のない郁紀は、必然の如く沙耶に惹かれて行きます。
果たして、突然目の前に現れたこの少女は一体なんなのか、郁紀を取り巻く環境は一体どう変化してしまうのか……





ってのが話の筋ですね。
大まかに非常に杜撰に紹介しただけなので、必ずしもストーリーがこの通りではないと言うことはご了承ください。

プレイしてみての感想を申し上げますと、正直びっくりしたと言うのが一番です 笑
説明書を読む限り、どうやらグロテスクなスチルの明度を落として楽しめる「ソフト肉モード」なるモノがあると言うのは知っていましたが、どうせ一介のギャルゲー、明度を落とさないと耐え切れないほどグロいスチルが出てくるわけねーやと高をくくっていたのですが。
ところがどっこい、ゲームを始めた瞬間驚きました。
なんと言うリアルさ、そしてなんてキモチワルイ音声。
私はこう言うの大好きなので大歓迎だったのですが、苦手な方はホントに明度でも落とさないと吐き気を催すかも知れません。そのくらい作りこまれた肉の質感(笑)。ニトロプラスの作品全てに共通していることですが、キャラクタースチルだけでなく背景や武器などにも非常に力が入っています。この沙耶の唄で見るべきはまず背景。
通常の景色が肉塊に埋もれている様を見るだけでも戦慄が走ります。
なんて言いますか……ぶよぶよしてててらてらしてて……でも一本通った美学を感じる肉塊なんです(なんじゃそら)
まあそこら辺はやってみれば一瞬で解ることです。
とにかく世界観が凄いです。作り込まれた造形美って感じ。
肉が好きな人はやらないと損です(そんな人いるのか)

話の感想はと言うと、一言で言えば「またこんな選び辛い選択肢を!」笑
選択肢は二つ、よってEDは三つとなっているのですが、そのどれもが泣けるんですよこれがまた……!
綺麗にまとまっています。でも、どうにも、こうやりきれない切なさが残る話です。そこがまた良いんですけど。
本来なら出会うはずのなかった郁紀と沙耶の悲しい恋の結末、パッケージ裏に印刷されている謳い文句「それは、世界を侵す恋」の意味を、是非確かめてみてください。昨今量産されている文学作品紛いよりも数段面白いことは保障します。ストーリーも、CGも、音楽も一級品。パソコン持ってるならやらなきゃ損!です。




ちなみに、私はこの作品でPCゲームにどっぷり嵌ってしまいました 笑





BACK // HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。