<FONT SIZE="1">灰色の貴方へディルアーングレーイ が大好きな大学一年生。 「アニメおたく」とか「小説おたく」とかじゃなくて、基本属性がおたく。 ちょっとでも気に入って頂けましたら、ポチっとしてやって下さい。大変励みになります。→<a href="http://blog.with2.net/link.php?78787"target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/banner_02.gif" border="0"></a> こちらも是非→<a href="http://www.webclap5.com/cgi-bin/clap3/clap.cgi?3-aestheticism" target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/nekochan.gif" alt="web拍手" border="0"></a> <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" target="_blank"> <img border="0" width="88" height="31" alt="" src="http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=050514786260&wid=001&eno=01&mid=s00000001387003009000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" alt=""> <font size="1">……なんか…… HPに広告載せるだけで儲かるのって、良いですね☆ がっつり稼いで悠々生活、ああ確かにこれなら儲かるわ?な極意満載。 <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" target="_blank"> <img border="0" width="120" height="60" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=050503584245&wid=001&eno=01&mid=s00000001097003008000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" alt=""> <FONT SIZE="1">eブックオフ……日本最大のオンライン中古書店。欲しい本等ありましたら、是非ご活用を☆2000円以上の買い上げで送料無料になります。 ちょっと自分で買いに行くのは恥ずかしい時に良いですね(笑)コンビニ受け渡しも選択可能です。かなりおススメ。CDのラインナップも充実! <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" target="_blank"> <img border="0" width="100" height="60" alt="" src="http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=050428521532&wid=001&eno=01&mid=s00000002295003003000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" alt="">最近話題の電子書籍を購入できます。 本は持ち歩かないけどノートパソコンは持ち歩くよって方は、安価でDL出来るので是非☆この機会にデカダンの巨匠・太宰作品でも読んでみては??どうやら無料で本が出せたりもするらしいです。 </FONT><!-- バナー(FC2 Affiliate) ここから --> <a href="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=11530&aff_siteid=10886&aff_shopid=1" target="_blank"> <img src="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/banner.cgi?aff_siteid=10886&bid=43&uid=11530" width=120 height=60 border=0></a> <!-- ここまで --><font size="1">私がお世話になっているFC2ブログの方で、AS募集中だそうです。広告掲載で御小遣いゲットだぜー</font>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
VFSH0030.jpg





――――異人屋敷に踏み込んだら二度と戻れないかも知れないが、
そこではまだ見たこともない光眩い色玻璃とかいうものが天窓いっぱいに嵌めこんであるそうな。
そんな怯惰と憧憬の間を行ったり来たり、
振り子のように揺れてばかりいたのが私たちの世代である。――――




久世光彦著、「昭和幻燈館」です。
一九八七年一二月五日初版発行。
発刊が今から遡ること二十年近く。
更に遡って、この本に書かれているのは、作者が少年であったころ、詰まり「戦中・戦後」の克明な「昭和史」です。
「あの年の夏は、いやに空が澄んで青かった。」と言う言葉を、実体験から吐き出せる世代の描く昭和譚の、何と美しいことか。


全一六編の短編です。
小説ではありません。著者の“宝物”の“蒐集(コレクション)”とでも言えば良いかも知れません。
その“宝物”とは、
例えば、或る少年の日に出逢った人攫いから嗅ぎ取った官能の匂い。
例えば、或る少年の日に街角にひっそりと棲んでいた「狂女」。
例えば、線路に飛び込んで夭折した美しい少女作家。
例えば、厳格な父親を彩る軍服のエロティシズム。
現在の日本ではとんとお目にかかれぬ仄暗い「日本の美しさ」。
日本人だったら誰しも服の袖にでもこっそり隠し持っている「暗い」モノへの憧憬、その憧憬の対象が昭和初期には凝縮されていたように思います。


一番印象的だったのが、「狂人」についての論。
横溝正史、江戸川乱歩、三島由紀夫に谷川俊太郎その他、
彼ら昭和の作家が描く「狂人」は、静かで悩ましくて文字通り狂おしくて、何処かしら甘やかです。
彼ら昭和の作家が描く「狂女」は、濃艶な匂いを感じさせる紅玉です。
戦後奇麗に均された街の中で「優しく」監禁されたそれらの狂おしい人々は、今になって歪んだ形で街へと徘徊を始めたのでしょうか。
昭和時代の書物に登場する愛すべき狂人たちは、現在の書物に氾濫する狂人とは似ても似つかないように思えます。
四方を真っ白な壁に囲まれ矯正器具を嵌められながら生きている「狂人」は、乱歩の描く湿った空気と暗い魂を持つ狂人とは根本的に違うのです。

―――とまあこれは私の感想ですが(笑)


奇麗なものを求めて何が悪いんだってなもんです。
連れ添って死に向かう男二人に垣間見る青い炎のような美、
確信犯の纏う凍り付くほどの軍服の艶、
貴族少女のまま死んで行った老婆の凄惨な恍惚、
美しいものはあの時代に溢れていました。
モラルと中途半端な奇麗事主義で押さえ付けられ廃れた、ある意味では“歪んだ”美が、この本には詰まっています。

きっと、美しい時代を経験したくて経験出来なかった人にとってのバイブルになると思います。


スポンサーサイト
<< 沙耶の唄  Nitro+ // HOME // 森羅万象  姫神 >>
こんにちは!またのコメントありがとうございます。お返事遅くなってしまって申し訳ありません(汗)

中々ご期待に沿えるような良質なものに巡りあえなくて悶々としていましたが、今日一つ更新することが出来ました。お暇な時にでも是非見てやってください☆
【2006/03/10 Fri】 URL // きっき #7ScjOPVQ [ 編集 ]
リンクのお願いを頂けるなんて・・嬉しいです。ぜひお願いします。
絵も気に入って頂けて良かったです。^U^ありがとうございます。 
ではでは三月を楽しみにしていますv-252
【2006/02/26 Sun】 URL // 小百合 #3un.pJ2M [ 編集 ]
小百合さんこんにちは!!
リンクですか!ありがとうございます。こちらからも貼らせて頂いても宜しいですか??
サイトの方お邪魔させていただいたのですが、「水槽」がとても好みでした……!
バクホンはとても良いですよね!
このブログを通してお気に入りに出会っていただけたならとても嬉しいです☆
最近ちょっと更新停滞気味なのですが、三月に入ったら頑張って色々読んだり聴いたりする予定です 笑
それでは、コメント有難うございました!
【2006/02/26 Sun】 URL // きつき #7ScjOPVQ [ 編集 ]
初めまして
以前からこっそり覗いてました。キツキさんの紹介するものはどれも素敵です。
以前紹介していらしたバックホーンをこちらで知って以来、すっかりファンになりました。この本もおもしろそうですね^^
自分のサイトにリンクを貼らせて頂いたのですが良いでしょうか?
【2006/02/25 Sat】 URL // 小百合 #3un.pJ2M [ 編集 ]
わわ!izuraさんこんにちは~!
TB大歓迎です!!寧ろありがとうございます(笑)
久世さんの作品はこの「昭和幻燈館」が始めてだったのですが、izuraさんのブログを拝見して「卑弥呼」もちょっと読んでみたいなと……!
いや、その設定は凄いですよね(笑)

ではでは、TBとコメント有難うございました!
記事を参考にして頂けたなら至福の極みでございます♪
【2005/11/01 Tue】 URL // きつき #7ScjOPVQ [ 編集 ]
初めまして
久世さんの作品を探してきました^-^
おもしろそうですね。私も探して読んでみたいと思います。
TBさせてください!よろしくお願いします^-^
【2005/11/01 Tue】 URL // izura #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://saku0304.blog8.fc2.com/tb.php/21-693e3121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。