<FONT SIZE="1">灰色の貴方へディルアーングレーイ が大好きな大学一年生。 「アニメおたく」とか「小説おたく」とかじゃなくて、基本属性がおたく。 ちょっとでも気に入って頂けましたら、ポチっとしてやって下さい。大変励みになります。→<a href="http://blog.with2.net/link.php?78787"target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/banner_02.gif" border="0"></a> こちらも是非→<a href="http://www.webclap5.com/cgi-bin/clap3/clap.cgi?3-aestheticism" target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/nekochan.gif" alt="web拍手" border="0"></a> <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" target="_blank"> <img border="0" width="88" height="31" alt="" src="http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=050514786260&wid=001&eno=01&mid=s00000001387003009000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" alt=""> <font size="1">……なんか…… HPに広告載せるだけで儲かるのって、良いですね☆ がっつり稼いで悠々生活、ああ確かにこれなら儲かるわ?な極意満載。 <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" target="_blank"> <img border="0" width="120" height="60" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=050503584245&wid=001&eno=01&mid=s00000001097003008000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" alt=""> <FONT SIZE="1">eブックオフ……日本最大のオンライン中古書店。欲しい本等ありましたら、是非ご活用を☆2000円以上の買い上げで送料無料になります。 ちょっと自分で買いに行くのは恥ずかしい時に良いですね(笑)コンビニ受け渡しも選択可能です。かなりおススメ。CDのラインナップも充実! <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" target="_blank"> <img border="0" width="100" height="60" alt="" src="http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=050428521532&wid=001&eno=01&mid=s00000002295003003000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" alt="">最近話題の電子書籍を購入できます。 本は持ち歩かないけどノートパソコンは持ち歩くよって方は、安価でDL出来るので是非☆この機会にデカダンの巨匠・太宰作品でも読んでみては??どうやら無料で本が出せたりもするらしいです。 </FONT><!-- バナー(FC2 Affiliate) ここから --> <a href="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=11530&aff_siteid=10886&aff_shopid=1" target="_blank"> <img src="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/banner.cgi?aff_siteid=10886&bid=43&uid=11530" width=120 height=60 border=0></a> <!-- ここまで --><font size="1">私がお世話になっているFC2ブログの方で、AS募集中だそうです。広告掲載で御小遣いゲットだぜー</font>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
barahenokumotu.jpg


「君は鳥のような匂いがするね」
「それはぼくの猫が鳥を食べたからだよ」



ここに扱われている薔薇は、おおむね狂気と死との彩りであって、その香りは苦く、色彩はむしろ幻覚に近い。薔薇への偏愛がいざなう、神秘にみちた薔薇園の迷宮…秘密の花園では少年も私もこの世のものではなくなり、牧神や聖女は現実となる…妖しく甘美な色彩と芳香にひそむ死と幻想と耽美の世界に仕掛けられた薔薇の罠。名作『虚無への供物』の作者の、薔薇ミステリー集大成。妖しく薫る12の薔薇奇譚。
(「BOOK」データベースより)




表紙の画像を探したのですが何処にも無かったので、携帯で撮った画像で失礼します(笑)

虚無への供物もまだ読んでないのにこっちから読むと言うのもどうしたもんかと思ったのですが、読んでしまいました。
中井英夫・「薔薇への供物」です。
この方の著書「虚無への供物」は、「黒死館殺人事件」「ドグラ・マグラ」と合わせて三大奇書(「匣の中の失楽」も加えて四大奇書とも)と評されています。
三大奇書たる「虚無への供物」や泉鏡花賞を受賞した「悪夢の骨牌(カルタ)」は皆知っていても、「薔薇への供物」は知らないんじゃないかと思われます。今しがた調べて来たところ、中井英夫は晩年年収40?50万と言う極貧生活を送っていたそうなので、晩年期に発刊されたこの本もそれほどは売れなかっただろうからです。
とは言ってもこの「薔薇への供物」は、他の作品にも収録されている短編を選ってきたようなものなので、有名と言えば有名なのかも知れません。とにかく、薔薇の香気が満ち満ちています。それこそ噎せそうなくらいに。


薔薇をあしらった全12編の短編集であるこの本ですが、その中から気に入った作品を一つさわりだけ紹介しようと思います。

類を見ぬほどの善政を行うと評判の領主、エグジール侯は、非常な美貌を持つと宣伝されながらも人前に出ることを極端に嫌い、常にドミ・マスクを身に付け、側近以外の者は誰も近くに寄せ付けなかった。
そんな候の秘かな愉しみは、男女の裸体を蔓薔薇に括り付け、その棘が彼らの肌を切り裂くのを見ながら宴を催すと言う何とも変態的なものらしかった。
薔薇の贄になる男女は、途中で失神したり醜態を晒したりせぬようあらかじめ厳しい訓練を受けてから城へ上る。セレストと呼ばれる牧童頭の所へ訓練を受けに来た青年、ジュペールもまた、そうした薔薇の贄となるために選ばれた一人であった。
セレストは、最初こそ自分の所へ来たのが美しい女で無い事に落胆したが、調教を続ける内に此の美しい青年が自分に奉仕すると言う事実に段々とむず痒い興奮を覚えて行く。
青年は飽くまでセレストに従順で、逆らったりする素振りは見せなかったが、彼の持つ澄んだ瞳と優雅さは褪せることが無かった。
気の向くままに調教を仕掛け、鞭打ち、唾を吐き掛けまでしたのに、セレストは此の優雅な青年が逆に自分の主になりかけているのを悟る。

「薔薇の縛め」と題されたこの作品ですが、読み終わった瞬間快哉を叫びました。
“こう云うのを待ってたよ!”と言う喜びと、“何処かで見たことのある情景だなあ”と言う既視感とが交じり合って何とも言えない精神状態に陥ったのを覚えています。
実はこのジュペールこそがエグジール侯その人であり、後日城に呼ばれたセレストがそれに気付き慄く、と言う美味しいオチが付いているのですが、変態的な宴を催していると噂されているその人が薔薇の贄として調教されにくる辺り、そんな宴は端から無いような気もして来るし、エグジール侯の持つマゾヒスティックな性癖だけが浮き彫りになってくるような気もしてしまいます。単なる牧童頭であるセレストのサディスティックな性癖とばっちり合致して、どうにもこうにも美味しい話でした。下克上と言うかなんと言うか精神的リバと言うか、えーっと言葉の意味が解らない方は読み飛ばして下さい(笑)
とにかくご馳走様でした(笑)


他にも「薔薇の獄」、「呼び名」などなど、思わず頬が緩んでしまうような耽美な作品が目白押しです。

段々とレビューが同性愛好きな方向けになってきてますが、元々そう言うスタンスでやってるので最早弁明はしません(笑)


スポンサーサイト
kotounooni.jpg



あなた様のお名前のみ呼び続け申候



密室状態での恋人の死に始まり、その調査を依頼した素人探偵まで、衆人環視のもとで殺された蓑浦は、彼に不思議な友情を捧げる親友諸戸とともに、事件の真相を追って南紀の孤島へ向かうことになった。だが、そこで2人を待っていたのは、言語に絶する地獄図の世界であった…!『パノラマ島奇談』や『陰獣』と並ぶ、江戸川乱歩の長編代表作。
(「BOOK」データベースより)




知る人ぞ知る(笑)濃厚なゲイ小説推理小説。
「えっ、乱歩がゲイ小説?」ってその通り、ミーハーな私は今まで乱歩なんて「吸血鬼」くらいしか読んだこと無かったのに、その響きに引かれて此れを読みました。結果乱歩の術中に落ちましたけどね。作者が本物なので、表現が生々しい鮮やかで、引き込まれる引き込まれる。余りに熱中して読んでいたため電車降り損ねかけました。危ない。
耽美小説と言うジャンルは本当に最近読み始めたジャンルでありまして、それまで私は“ミステリ”ばかり読んでいました。それがこう……なんと言えば良いのか、ミステリと耽美小説が融合するとこうまでに香しくなるのかと思って唖然です。詰まる所、同性愛って美しいんですよね。


「BOOK」データベースでは「不思議な友情を捧げる親友諸戸」って書いてありますが、諸戸はそんなんじゃないですよ(笑)
不思議な友情って言うか狂おしいくらいの愛情って言うか。
とにかく、少年のような美貌を持った主人公蓑浦に美青年諸戸が求愛を重ねる様は息が詰まるほどです。諸戸に押し倒された時の蓑浦の独白、暗闇の中で交わされる熱っぽい会話、多分読めば解ると思うので詳しくは書きませんが、ぞくぞくしますね(腐)「僕を軽蔑しないでくれたまえ」と言う諸戸の台詞には、滑稽で笑みが零れるのと同時にリアルな生臭さも感じます。これらの表現の生々しさは、本物にしか書けないと思うんですよ。いやはや。
そりゃ勿論、ここまで大衆に支持されているからにはストーリーも申し分なく面白いんですが、でもやっぱりこの小説の魅力って言うのは蓑浦と諸戸の人間関係だと思うんですよね。設定は心底生唾モノだし、その設定が無ければこの二人の関係も際立たなかったとは思いますが、ぶっちゃけて言うとですね、主線はまごうことなくそれだと思うんですよ。乱歩自身が「諸戸が同性愛者である必然性はない」なんて良く解らない言い訳してますが、主線は二人の人間関係にあって、その他がそれを際立たせるエッセンスになっているとしか私には思えなかった。
「吸血鬼」を読んだ時にも感じたこと。それは、「乱歩は官能小説作家になればいいんじゃないか」ってことです。
推理小説にこだわって少年探偵団なんか書くより、こういったモノを一つでも多く送り出して欲しかった。
とか言うと乱歩ファンの方は怒るかもしれないですが……。

以下更に乱歩ファンに怒られそうなことを書くので反転しておきます。笑

友人と話していたのが、これは乱歩の壮大な「夢小説」なのではないかと言うことです。笑
夢小説と言うのは、まあ漫画だとかアニメだとかドラマだとかの好きなキャラクターと架空の主人公の恋愛物語を、名前変換機能を使って主人公のところに自分の名前を当て嵌めて読むと言うものです。
その友人とは更に酷いことに三島は日本のナチ萌同人作家第一号であるとかそう言う話もしたりするのですが、まあ何と言うかこの「孤島の鬼」と言う作品は非常にドリーミーではあると思います。しかしそれは良いんですがそうだとすると諸戸と蓑浦どっちが乱歩ですかね?と、邪推はここら辺にして先に進みますが。笑



冷やかし半分で読んでいたこの小説でしたが、最後の最後、最後の一行で魂を抜かれました。久々に本を読んで感動した。
苦しいくらいの余韻を味わいたくなったら是非。
でも乱歩作品で最初に此れを読んでしまったとしたら、それはそれで不幸かもしれないです。
多分此れを読んでしまったら、生半可な作品じゃもう感動出来ない(笑)
とっておきにしておくのも良いかもしれません。


yapoo.jpg



「Was wird aus ihm?(彼は何になるだろうか?)」



日本人が「ヤプー」と呼ばれ、白人の家畜にされている二千年後の未来に彷徨いこんだ麟一郎と恋人クララが見たのは―――。三島由紀夫、澁澤龍彦らが絶賛した「戦後最大の奇書」最終決定版。
(出版社/著者からの内容紹介)




戦後刊行されたサディズム・マゾヒズム専門誌である「奇譚クラブ」に20回に渡り連載されていた物語です。
三島由紀夫らの大絶賛のもと(その後天皇主義者に転化してからは“評価出来なくなった”と言っていますが)連載が続けられていたのですが、とうとう未完のままに終ってしまっています。
作者の沼正三の正体が分からず、ずば抜けた発想力と構成力で三島クラスの著者が隠して書いているのでは、と言う憶測が飛び交ったようです。これが俗に言う「ヤプー神話」らしいのですが。
結局今でも沼正三の正体は解らず仕舞い、謎に包まれた「奇書」の名に折れない奇書中の奇書であると思います(笑)良質な悪書、これ、機会があったら是非読むべきだと思います。


物語は日本人の男性、麟一郎(リンイチロウ)とドイツ人の恋人クララが墜落していた宇宙船の中に侵入してしまうところから始まります。
その宇宙船に乗っていた、二千年後の世界「イース」からやってきた美女・ポーリンによって二人はイースへと連れて行かれてしまうのですが、そこからが麟一郎の受難の始まりでした。

と言うのもそのイースでは、白人が神格化され、黒人が“半人間”とされ奴隷扱いを受け、そしてなんと日本人が“ヤプー”として家畜扱いをされているのです。
「家畜って言ったら、どうせ食われたり皮を剥がれて服にされたりするんだろ、そんなの幾らでも読んだことあるよー」とか、思わないで下さい。イースにおける“家畜”の利用法は、想像を絶しています。
“肉便器(セッチン)”と呼ばれる所謂人体便器。
“畜人系動物(ヤップアニマル)”と称されるヤプーを改造して作った犬、馬、河童。
十二分の一に縮小され、置物にされたり賭け事に使用されたりする“矮人(ピグミー)”。
白人の自慰行為を補助するために肉体改造を施された“舌人形(クリニンガ)”などなどなどなど。
ヤプーを徹底的に利用し、機械の代わりにヤプーを存分に有効活用している世界、それがイースなのです。
バイクもヤプーならスキーシューズだってヤプーなんです。想像するとちょっと吐き気がしますよね。


“究極のマゾヒズム文学”、多くの人々がこの本をそう評しています。正にその通りだろうと思います。
戦後日本人が白人に対し卑屈だった頃の作品、そう一言でくくってしまえばそれで終わりな訳ですが。
一個人としての人格を持っていた20世紀人麟一郎が、イースにおいて心も身体も去勢されて“家畜人ヤプー”に陥り、かつての恋人であった美しいクララに対し、神としての崇拝の念を抱くようになっていく様は、ぞくぞくするほどに官能的です。
エロティック・マゾヒスティック・加えてバーフィー。
それほど面白いわけでもないはずなのに一度読み始めたら投げ出せない、悪魔的魅力に溢れた作品です。

ただ、私はそれほど日本民族と言うものにこだわりがないので何の抵抗もなく読めましたが、上で三島由紀夫の例で挙げた通り少々右に寄ってる方は読むと大層不愉快な思いをするかと思います。その辺は覚悟しつつ、二千年後の世界に溺れに行って下さい。責任は一切取れません(笑)。
出来ることなら完結まで読みたかった……くぅ。


江川達也さんによって漫画化もされています。
割と長めな作品なので、漫画から読むのも有りかと思います。
他の方の書評を見ていると、“漫画の方がちょっとぬるめ”らしいので、心配な方はそっちから入ってみてはいかがでしょうか??


dilettante.jpg



天井の屋根裏に 小さな穴があるの
夜ごと軋む跫音 その眼が覗くとき



ALI PROJECT、「dilettante」です。
訳は、「好事家」。アリプロらしいネーミングです。見てよし聞いてよし、永久保存版です。一家に一枚!
今まで耽美退廃的な音楽を求めてひたすらヴィジュアル系バンドの曲を漁って来ましたが、アリプロにはきっともう何者も敵わないだろうと思います。先端走り過ぎです。耽美。退廃。ノスタルジック、ゴシック、ホラーでテラー、テクノでサイケでクラシカル。もう最高だあ。
ここまで極めるアーティストはホントに稀有だと思います。
出会いが「コッペリアの棺」だったので、今回ばかりはオタクやってて良かったと感涙に咽ぶことにします(笑)
全曲お勧めです。棄て曲は無し。名盤とは棄て曲の無いアルバムのことだと思ってますので正にこれは名盤中の名盤。ここ一週間、このアルバムばっかり聴いてました。


1.愛と誠
2.人生美味礼讃
3.肉体の悪魔
4.緋紅的牡丹
5.ディレッタントの秘かな愉しみ
6.昭和恋々幻燈館
7.密猟区
8.北京LOVERS
9.鎮魂頌
10.柔らかな肌 (Instrumental)



1.愛と誠

「清らけき永久の春 愛と誠ささげて
白い肌刻むのは たった一人の名前」


一曲目からアリプロ節炸裂です。
古き良き時代を彷彿とさせる「和魂」溢れる歌詞。
戦う男と待つ女。一途で直向に生きる、日本人が美しかった時代の話。


2.人生美味礼賛

「どうかこの身が果てたら 収めてくれたまえ
残さずに胃袋のその中へ」


どうしてこう私のツボポイントばっかり押さえてくるのか不思議でしょうがないです、宝野アリカさん。
片倉さんの曲調がツボをついてくるのはいつもの事だとしても、
まさか人肉供食ネタをやってくれるとは思いませんでした。天晴れ。もう一生付いて行きます。
美食家と書いてグルマンディーズと読ませるわ美食学と書いてガストロノミーと読ませるわ、もう何も言えない。最高すぎ。


5.ディレッタントの秘かな愉しみ

「さあ 降りてきて 魂だけ」

なんだかオペラ座の怪人を彷彿とさせます。
覗く男と覗かれる女って言うと一気に俗っぽくなりますけど。
天井以外に生きる場所の無い怪人と、彼に見詰められて快感を得る女性。官能美ってこう云うののことを言うんだと思います。まる。


6.昭和恋々幻燈館

「夜道には黒マント翻し 秘密探偵が通る」

なんでこう、大正昭和を回顧すると非常に麗しくなるんでしょうね。
ノスタルジイ!ときめく単語が惜しげもなく散りばめられています。
白黒写真、秘密探偵、カフェー、パイプ、オルガン。
アップテンポな優雅な曲調に、伸びやかなボーカルが冴え渡ります。


7.密猟区

「狩りに出ましょう満ちた月の エデンの森は放し飼い」

高音から一気に低音、半音から半音へと飛び石で跳ね回る美声が病みつき。
一番多く聴いてるかも知れない。
男娼で「マリー」って読むのが私的にツボりました。寺山修司リスペクト。


8.北京LOVERS

「纏足の匂いぞせし北京(ベイシン)の
夜は永久を騙り わが愛の不滅を語らん」


多分このアルバムの中で、人気一位ニ位を競うであろう曲。
「愛と誠」とどっちが人気あるかなーって感じです。
蕩けそうに甘美な旋律から一気に厳然たる旋律に急降下する様はお見事としか言い様がないです。
バックコーラスの野太い声も非常にマッチしていて耳に心地良い一曲です。



まあ、とにかく、聴いておかないと損すること間違いなしです、よ!
コレが気に入ったら続けて「EROTIC&HERETIC」、「ARISTOCRACY」、「DALI」と聴くことをお勧めします。一気にアリプロに堕ちて行けます。

 
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。