<FONT SIZE="1">灰色の貴方へディルアーングレーイ が大好きな大学一年生。 「アニメおたく」とか「小説おたく」とかじゃなくて、基本属性がおたく。 ちょっとでも気に入って頂けましたら、ポチっとしてやって下さい。大変励みになります。→<a href="http://blog.with2.net/link.php?78787"target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/banner_02.gif" border="0"></a> こちらも是非→<a href="http://www.webclap5.com/cgi-bin/clap3/clap.cgi?3-aestheticism" target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/nekochan.gif" alt="web拍手" border="0"></a> <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" target="_blank"> <img border="0" width="88" height="31" alt="" src="http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=050514786260&wid=001&eno=01&mid=s00000001387003009000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" alt=""> <font size="1">……なんか…… HPに広告載せるだけで儲かるのって、良いですね☆ がっつり稼いで悠々生活、ああ確かにこれなら儲かるわ?な極意満載。 <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" target="_blank"> <img border="0" width="120" height="60" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=050503584245&wid=001&eno=01&mid=s00000001097003008000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" alt=""> <FONT SIZE="1">eブックオフ……日本最大のオンライン中古書店。欲しい本等ありましたら、是非ご活用を☆2000円以上の買い上げで送料無料になります。 ちょっと自分で買いに行くのは恥ずかしい時に良いですね(笑)コンビニ受け渡しも選択可能です。かなりおススメ。CDのラインナップも充実! <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" target="_blank"> <img border="0" width="100" height="60" alt="" src="http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=050428521532&wid=001&eno=01&mid=s00000002295003003000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" alt="">最近話題の電子書籍を購入できます。 本は持ち歩かないけどノートパソコンは持ち歩くよって方は、安価でDL出来るので是非☆この機会にデカダンの巨匠・太宰作品でも読んでみては??どうやら無料で本が出せたりもするらしいです。 </FONT><!-- バナー(FC2 Affiliate) ここから --> <a href="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=11530&aff_siteid=10886&aff_shopid=1" target="_blank"> <img src="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/banner.cgi?aff_siteid=10886&bid=43&uid=11530" width=120 height=60 border=0></a> <!-- ここまで --><font size="1">私がお世話になっているFC2ブログの方で、AS募集中だそうです。広告掲載で御小遣いゲットだぜー</font>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
casshern.jpg


この地に生まれた、愛する人々に捧ぐ。


二年半ほど放置を続けてしまったこのブログですが、今日からまたちまちま作品紹介して行きたいと思います。
昔の紹介文とかちょっと拙くて恥ずかしいんですが、敢えてそのままにしておこうかなと……笑
そして、久々過ぎる二年半ぶりの更新は、紀里谷和明監督の「CASSHERN」で始めてみようかなと思います。賛否両論激しかった問題作ですが、ここまで評価が真っ二つに分かれるからには何かあるなって感じですよね。
実は一年ほど前にアマゾンのレビューも書いちゃったりした作品なのですが、まあそれは良いとして。笑


そこは、我々が歩んできた歴史とは全く異なる歴史を歩んできた世界。対戦は五〇年も続き、世界は大亜細亜連邦共和国とヨーロッパ連合という、ふたつの陣営に分かれていた。長い戦いの末に、大亜細亜連邦共和国は勝利し、東アジアのユーラシア大陸一帯を支配するに至った。しかし、その勝利で得た物は人心の荒廃に、化学兵器、細菌兵器、核がもたらした薬害やウィルス、放射能などの後遺症と荒れた大地だけであった。
人類は座して緩やかな終焉を迎えるだけなのか? 再生の道はないのか?

解決策を提唱する人物がいた。東博士だ。彼は人間のあらゆる部位を自在に造り出す「新造細胞」理論を提唱、学会で援助を仰ぐ。東博士は重い病に苦しむ妻ミドリのために、この研究をどうしても実用化したかったのだ。既得権を奪われまいと、博士の理論を却下する保健省。しかし、その理論を私欲のために利用しようとする軍関係者の援助により、研究は始まった。

そして故意か必然か、実験場から生まれた新生命体・新造人間。人類は神の領域へと踏み込んだのだ。しかし、人類を救済するはずだった「新造細胞」は、人類へ滅びの道を歩ませようとしていた…。
(公式パンフレットよりあらすじ抜粋)



紀里谷監督と言えば、宇多田ヒカルのPVで有名です。
かく言う私も「travelling」のPVが大好きで、今でもカラオケに行くと結構PV見たさに歌ってしまう程です。
そして言わずと知れたヒーロー作品「キャシャーン」の映画化……と言うよりもオマージュ、がこの作品です。キャシャーンの「映像化」ではありません。その点はっきり了承しておかないと、キャシャーンファンの方は肩透かし食らうかも知れません。

この映画の一番の見どころは、何と言っても映像美です。
どことなく戦後日本のアングラ臭を漂わせながらも高度にハイテク化された都市や古城などのデザインはそれだけで鳥肌級だし、実写とCGの融合も違和感無し。薄暗いコントラストも作品に良くマッチしていて、何より映っている人間が美しい。実写の映画を見る際に人間が美しい(体温の無い美しさ、って言うのかな)なんて感じることは滅多にないのですが、そう言う意味でちょっと文章的な映画かも知れません。生身の人間が動いている映像なのに、温度が無くて硬質なんですよね。非常に新鮮でした。


そして台詞回し。
映画理論は少し齧った程度なのですが、ヒューゴー・ミュンスターバーグの著書中にこんなことを述べた箇所があります。

演劇は「言葉によって知性に訴え掛ける芸術
映画は「行動によって情動に訴え掛ける芸術

勿論ここで言う演劇と言うのは所謂正統演劇のことで、ミュージカルなどとは区別されるものなのですが、まあそれは置いておいて。
この「CASSHERN」と言う作品は、良くも悪くも台詞回しが印象的な作品です。
映画玄人は台詞で心情を説明する映画なんてもっての外、と感じるかも知れませんが、私的にはこの作品はギリギリのラインで映像表現と言語表現の均衡が取れてしまっているのでは無いかなと思います。そう考える一つの要因が先程も書いたかと思いますがこの作品が「文章的」であると言うこと。何をもって文章的と言うか?と聞かれると困ってしまうのですが。しかし言葉の表現するところが大きいとは言え、演劇に近いかと言われると映画的表現を多用しているところからそれも違う。
まあ……均衡が取れているとしか言いようが無いのですが(笑)、そうだな、戯曲を読んでそれを脳内で映画化するとこうなるのかも知れない。個人的には新鮮に映りました。


最後にストーリー。
良く反戦ものとして紹介されることが多いようですが、多分観れば分ると思うのですが決してそれだけじゃありません。
反戦・非戦を超えて、人間に対する深い嘆きと祈りを受け止めました。
アマゾンのレビューにも書いたことではあるんですが、放映前のCMでやたらと流れていた「キャシャーンがやらねば誰がやる」と言うキャッチフレーズ。
けれども何のことは無く、キャシャーンがやっても出来ないことだってあると言う話でした。
不死身のヒーローは不死身なだけです。万能ではありません。一人で全ての憎しみや悲しみの連鎖を断ち切れる訳が無い。


高校時代に観て、非常に感銘を受けた作品でした。
音楽も素晴らしく、サウンドトラックも購入済。そして何より制作陣の作品への愛情が随所から(例えば初回版DVDの全員サービスの絵コンテ集、初回版DVDと同じ仕様の美麗な三冊組パンフレット、などなどなど)感じられたのがファンとして一番嬉しいところではありました。

万人にお奨め出来る映画ではありません。
ただ、是非一度は観て欲しい。私にとっては無二の宝物のような映画です。


 
スポンサーサイト
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。