<FONT SIZE="1">灰色の貴方へディルアーングレーイ が大好きな大学一年生。 「アニメおたく」とか「小説おたく」とかじゃなくて、基本属性がおたく。 ちょっとでも気に入って頂けましたら、ポチっとしてやって下さい。大変励みになります。→<a href="http://blog.with2.net/link.php?78787"target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/banner_02.gif" border="0"></a> こちらも是非→<a href="http://www.webclap5.com/cgi-bin/clap3/clap.cgi?3-aestheticism" target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/nekochan.gif" alt="web拍手" border="0"></a> <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" target="_blank"> <img border="0" width="88" height="31" alt="" src="http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=050514786260&wid=001&eno=01&mid=s00000001387003009000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" alt=""> <font size="1">……なんか…… HPに広告載せるだけで儲かるのって、良いですね☆ がっつり稼いで悠々生活、ああ確かにこれなら儲かるわ?な極意満載。 <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" target="_blank"> <img border="0" width="120" height="60" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=050503584245&wid=001&eno=01&mid=s00000001097003008000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" alt=""> <FONT SIZE="1">eブックオフ……日本最大のオンライン中古書店。欲しい本等ありましたら、是非ご活用を☆2000円以上の買い上げで送料無料になります。 ちょっと自分で買いに行くのは恥ずかしい時に良いですね(笑)コンビニ受け渡しも選択可能です。かなりおススメ。CDのラインナップも充実! <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" target="_blank"> <img border="0" width="100" height="60" alt="" src="http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=050428521532&wid=001&eno=01&mid=s00000002295003003000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" alt="">最近話題の電子書籍を購入できます。 本は持ち歩かないけどノートパソコンは持ち歩くよって方は、安価でDL出来るので是非☆この機会にデカダンの巨匠・太宰作品でも読んでみては??どうやら無料で本が出せたりもするらしいです。 </FONT><!-- バナー(FC2 Affiliate) ここから --> <a href="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=11530&aff_siteid=10886&aff_shopid=1" target="_blank"> <img src="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/banner.cgi?aff_siteid=10886&bid=43&uid=11530" width=120 height=60 border=0></a> <!-- ここまで --><font size="1">私がお世話になっているFC2ブログの方で、AS募集中だそうです。広告掲載で御小遣いゲットだぜー</font>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
asaki.jpg



もし きみきみ はねははえました?



ポップンミュージック・ギターフリークス・ドラムマニアなどの、ゲームセンターに置いてある所謂「音ゲー」に音楽を提供し、一部のコアな方々から(笑)絶大な支持を誇る「あさき」氏のアルバムです。
そちらの方面のファンの要望に答えてのアルバム発売!と相成ったらしいのですが、それではこのアルバムの存在を知っているのは勿論ポップン・ギタドラファンのみ、と言うことになってしまいますよね。
それが勿体無かったので是非宣伝したいと思いまして 笑
まあこんな辺境ブログで紹介したって微々たるものですが(しかも発売は一年近く前だし)、とりあえず良いものは全部紹介したい!的な意気込みで紹介してみたいと思います。

そもそも私があさきのファンになったのは、友人とゲームセンターでポップンミュージックをやっていた時に、非常に可愛いキャラクターが目に付いたのがきっかけです。
「雨人形壱之妙」と云うキャラクターだったのですが(↓)

ichinomyou.gif


彼女がモチーフキャラクターとしてあしらわれている楽曲があさき氏の「幸せを謳う詩」だった訳です。
まあそんなのはどうでも良い話ですが、とにかくそこで逢ったが百年目でした。「……この曲は!」と思ってがっちりCDゲットしてしまいました。

端的に言うならば、ダーク和ロック、です。
かと思えばジャズっぽいのも入っていたり、かなり変幻自在なアルバムではあるのですが、装丁にも和紙を使っていたりするだけに全編通してレトロな湿っぽさに包まれています。かと思えば聞き終わった後に意外に清涼感が残ったり。とにかく不思議なアルバムです。
ここでぐだぐだ説明するのも何ですので、一曲一曲ちょっとずつ歌詞を抜粋しながら紹介してみようと思います。


01 蛹
02 蛍
03 幸せを謳う詩
04 この子の七つのお祝いに
05 予後の音
06 月光蝶
07 赤い鈴
08 雫
09 神曲
10 空澄みの鵯と



01 蛹

「綺麗ナー」と 母は見てくれた
ひらひら ひらひら 千枚羽
相も変わらず唄を歌う でも音がないね 母様


演奏開始直後から度肝を抜かれること間違いなしです。
一曲目からやってくれます。怖いし。笑


03 幸せを謳う詩

ごらんあれ!歓楽だ!愉快な至楽キネマ!

四曲目の「この子の七つのお祝いに」と一続きの物語になっています。
二つ続けて聴くと程好く脳内がドログシャになります。


04 この子の七つのお祝いに

女「耳 鼻 目 口 髪の毛一本 誰にもやらぬ!」
狐「おまえが望んだ幸せ ひとつも ひとつも 叶わぬ」


この曲の発狂ぶりはただごとじゃないです。
歌詞カードを見てまず十人中八人はびびると思います。「長ッ!」と。笑
その長い歌詞を五分程度で全て歌いきる訳ですからもうほとんど早口言葉です。しかしメロディーが無い訳では無いと言うかメロディーも凄まじいです。とにかく新しかった。軽く脳内革命が起こりました よ!笑
こう言う曲を作られると意地でもカラオケで完璧に歌ってやりたくなるのが人の性 笑


07 赤い鈴

ある朝 彼はお偉いさん
「君は僕がいなくても平気ですか?」


素で泣きました。
レトロモダンな旋律がもの悲しさを助長しています
歌詞センスもこの曲が抜きん出ているような。
戦争に引き裂かれた男女の物語、なのかな?


08 雫

「山紫水明だ」
と目深帽子
ねえ ここがいいね
垂れ 声あげた


旋律が鳥肌立つくらい綺麗です。
とても悲しい歌詞なのに何故か悲しさよりも清涼感が先に来る、そんな曲。


09 神曲

呪いの唄 口ずさみて
女は びっちゃら びっちゃら と泳ぐ


アルバムのタイトルにもなっているだけあって壮大……どころの騒ぎじゃない、底の見えない奈落のような曲です。笑
途中に入る囃子の様な旋律がもう頭から離れない。
いっそうもう神々しいです。



紹介しなかった曲も全てお勧めなのですが、これ以上書くとうざったいような気もしますし野暮ったい感じもしますので、これはもう是非聴いてみてくださいと言うほかないです。

ただ、好き嫌いが別れるアルバムだとは思います。
好きな人は死ぬほど好きだろうし嫌いな方には全く何の魅力も感じられないだろうと思います。
しかし、音楽では終ぞ体験したことのないような奈落を見られる機会だと言うのも確かです。和でダークで言葉は悪いですがどことなくイっちゃってるようなものが好きな方は、聴かないと嘘!です。笑



通販はこちらからやってるみたいです。↓

asaki2.jpg

スポンサーサイト
ElKumiBook.jpg



第四の地平線|その楽園の名は―――



――退廃へと至る幻想 背徳を紡ぎ続ける恋物語――
SHの本領発揮とも言うべき久々のStory CDです。
当作のテーマは『楽園』と『奈落』
ある父娘が望んだ世界を中心に物語りは廻り、
現実と夢想が侵食し合いながら交差/展開してゆきます。

(OHPより抜粋)



同人音楽サークルからメジャーデビューを果たしたSound Horizonの「Elysion ?楽園幻想物語組曲?」です。
友人に薦められて真っ逆様に墜ちました 笑
この一つのアルバムの全曲を通して一つの物語になっています。
良くある「コンセプチュアルアルバム」みたいなものか、と思われるかも知れませんがちょっと違います。コンセプチュアルどころの騒ぎじゃなくてホントに全曲通して聴かないと話がわからなくなってしまいますから 笑
正に組曲!って感じです。陰陽座を知っている方は組曲「黒塚」、組曲「義経」を思い浮かべて貰えればわかると思います。あれをアルバム単位でやっちゃった感じです。



このアルバムは、一般的なJ-POPとは一線を画しています。何故かと言うと、

?旋律が第一では決してない
音楽性は非常に高いのですが、メロディに歌詞を載せて歌うと言うよりは、メロディを背景に物語を語っている感じだからです。
勿論ちゃんと歌唱と独白パートを使い分けて上手く世界を構築しているのですが、独白しかない曲なんてのもあります。
?メッセージ性が希薄
「恋愛って辛いよね」とか「明日も頑張るぞ」とか「友情って素晴らしい」とか、J-POPの要とも言えるメッセージ性は皆無です。
飽くまで物語を歌っているので、聴き手が何かしらのメッセージをこのアルバムから受け取ることはないと思います。
?読めない
難解な単語・造語のオンパレードで歌詞無しに世界観を理解することは到底不可能。不響和音で「ハーモニー」なんて可愛いもんです。見て行くと「彼」で「オルフェウス」、「乙女」で「エウリディケ」なんてのもあります。こう言うのが好きな方には正に垂涎ものだと思います。私もその一人です。笑
?主題が難解
アルバム全体で一つの物語だと書きましたが、その物語を理解するにはある程度の考察が必要です。聴いたらすぐわかるタイプのものではないことは確かです。そこに燃える方には正に垂涎も(ry
?さらに主題が独特
良くも悪くもオタク臭いです。
耽美・退廃方面への免疫がない方が聴いても「は?」で終わってしまう可能性が高いです。



と、つらつらとマイナスポイントと思しきことばかり書いてみましたが、寧ろ上の項目を全て読んだ後「……面白そう」と思った場合は絶対嵌ります。断言出来ます。笑
裏返せば、このブログで紹介しているような作品を好む傾向があるマイノリティな方々(と言うと失礼ですか)には受けるタイプの作品だからです。

非常に堪能させていただきました。
聴くときは片手間にではなく、童話を読むように歌詞カードを開いて、がっちり聴いて欲しい作品です。



なんとなくバナーも貼って応援(笑)
ElyBan3L.jpg




onmyoza.jpg



それは私が死んだ我が子を

喰ろうてしもうたからです




1999年のバンド結成から、その特異なスタイルと徹底したコンセプチュアルでプログレッシヴなサウンドで、独特の路線を行く陰陽座のベスト・アルバム。デビュー・アルバムから最新作までの重要曲が存分に堪能できる2枚組だ。
(「CDジャーナル」データベースより)




重金属妖怪、こと妖怪へヴィメタルバンド、「陰陽座」のベストアルバムが発売です。
発売は2月8日でしたが、手元に届いたのが11日、聞き込むのに3日かかっての視聴レポートです。笑
陰陽座と言えば黒猫姉様と瞬火さんのツインヴォーカル。
艶のある女性ヴォーカルと、迫力のある男性ヴォーカルが織り成す陰陽座ワールドが冴えてます。
特に黒猫さんの歌唱力はちょっと他ではお目に掛かれないほどのものなので、一度聴いて見てはどうだろうかと思います。おどろおどろしいダークな声、透きとおるようなクリアな声、叩きつけるような張りのある声にアニメ声まで(笑)、何でもこなす様を見て一部のファンから黒猫さんが使い分ける主な三種の声色は「三種の神器」と呼ばれるほど。ホントは三種どころじゃないんですけどね。

ベストアルバムですので、筋金入りのファンの方は収録音源を全て持っているかと存じますが(私も殆ど持ってますし)、しかしこれはそれを考慮しても買い、です。デジタルリマスタリングと言うことで音がとても綺麗になってます。桜花ノ理なんかちょっと感動しちゃいました。



ディスク: 1
1.醒           2.睡
3.甲賀忍法帖     4.百の鬼が夜を行く
5.桜花ノ理       6.羅刹
7.妖花忍法帖     8.窮奇
9.鼓動         10.火車の轍
11.焔之鳥       12.鳳翼天翔
13.梧桐の丘      14.式を駆る者
15.月に叢雲花に風 16.舞いあがる
17.悪路王      18.がいながてや

ディスク: 2
1.卍        2.奇子
3.組曲「黒塚」?安達ヶ原  4.組曲「黒塚」?鬼哭啾々
5.氷の楔        6.鵺
7.組曲「義経」?悪忌判官  8.組曲「義経」?夢魔炎上
9.組曲「義経」?来世邂逅    10.煙々羅
11.螢       12.陰陽師




案ずるより生むが易しって言うか、聴いた方が速いって言うか、
「日本が好き!」「漢字が好き!」「重い音が好き!」「一風変わったものが好き!」って方は聴けば良いと思います。虜になること間違い無し。
オフィシャルサイト(→)を見て「いける」と思ったら失敗は無いと断言できます 笑


黒猫さんのクリアボイスが冴え渡る「睡」。
キャッチーなメロディにマニアックな歌詞の「月に叢雲花に風」、
関連曲である「焔之鳥」「鳳翼天翔」「梧桐の丘」、そしてファン内でも人気のとても高い「桜花ノ理」。
ディスク「陽」でまず陰陽座ワールドに取り込まれること間違いなしです。
そしてディスク「陰」が真骨頂です。
まず私が知人に陰陽座を勧める時に真っ先に聴かせる、「陰陽師」。
結構皆冒頭で度肝を抜かれるのですが、八分と言う長さにも関わらず飽きの来ない構成・勢いのあるメロディーで一気に聴かせてくれます。ヴォーカル二人の「語り」が印象的な楽曲です。
「語り」と言えば「組曲「黒塚」?安達ヶ原」と「鵺」は外せません。
先に書いた「それは私が?」の下りは前者のものですが、「喰ろうてしもうたからです」で背筋が凍ります。「鵺」とは源頼政が射取った頭は猿、胴は狸、尾は蛇、手足は虎、声はトラツグミと言うなんとも奇怪な伝説上の生き物ですが、この曲の語りがまた壮絶。
雪女の悲しい恋を描いた「氷の楔」、自然と心が静まる「蛍」とバラードも秀逸。


へヴィメタル+和と言う一見ミスマッチな組み合わせが生んだ珠玉の音源を是非体験してみて下さい。


このベストアルバムを聴いた後は、「夢幻泡影」、「百鬼繚乱」と続けて聴くことを個人的にオススメします。



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

himekami.jpg


A-ba,naa-nga MAPO



TBS系ドキュメント『神々の詩』のテーマ・ソングで話題を呼んでいる姫神の17年間の活動を編集した2枚組。シンセサイザーと日本人の叙情・郷愁を結びつけ,さらに大自然の恵みから縄文時代への憧情とイマジネーション豊かな音世界を伝えてくれる。
内容(「CDジャーナル」データベースより)




幻想水滸伝?でも活躍している、姫神こと星吉昭氏のベストアルバムです。
歌詞の無い、所謂「サウンドトラック」なのですが、
日本人であるか、音楽が好きであるか、坂本龍一氏・喜多郎氏の曲が好きである人は必聴です……!
聴かなきゃ損でしょうこれは!
古い古い時代の、自然と一体化して生きていた頃の、
時の流れを体で感じていた頃の、そんな日本人の遠い記憶を揺さぶってくれます。



ディスク: 1
1.奥の細道  2.春風祭-遠野物語への旅
3.杜     4.遠い日、風はあおあお
5.光の日々  6.夕凪の賦
7.大地炎ゆ  8.青らむ雪のうつろの中へ
9.陽(ひ)   10.翼
11.つり鐘草は朝の鐘を高く鳴らし  12.風、大循環に
13.風と星と青原と   14.十三の砂山 -雁供養-



ディスク: 2
1.山の神  2.雪
3.琥珀伝説 4.風の大地
5.風祭り  6.祭り神
7.祈り遥か 8.この草原の光を
9.神々の詩 10.浄土曼陀羅





確かこのCDは、私がブームに乗せられてケルト文化に傾倒していた頃に、新★堂で視聴して衝動買いしてしまった物だと記憶しています。
私はテレビを見ない人種なので、姫神の存在も、ちょっとした姫神ブームが過去起こったことも全く知らなかったのですが、ヘッドフォン越しに初めて“神々の詩”、“浄土曼荼羅”を続けて聴いた時背筋が凍りました。
変な意味で「凍った」んじゃなくて、あまりの神々しさに凍ったって言いますか、久しく忘れかけてた畏怖の感情を呼び起こされてしまった訳です。
自然界のもの全てに神が宿るとした古代日本人の、外界に対する純粋な畏敬、陽を崇め雨を敬い、風に追われて雪を恐れた、そんな感情にはさっぱり覚えもない私ですが、不思議とこのCDを聴いていると自分の中に眠っていた郷愁が目覚め出すような、ざわざわした感覚に襲われます。
シンセサイザーで表現される日本人の郷愁、って言うと矛盾してるように感じるかも知れませんが、そんなことは全くと言って良いほど無いです。寧ろこの電子音特有の無機質さが物悲しさを増幅しています。

全曲オススメですが、特に“奥の細道”“雪”“神々の詩”“浄土曼荼羅”を推します。
浄土曼荼羅なんて、聴いた後に泣いてしまいました。
歌詞じゃなくて歌唱じゃなくて、無機質な電子音で泣かせられるとは思って居なかったので目から鱗でした。
最近良いサウンドトラック聴いてないなーと思ったら、是非。
荘厳で壮大な世界観に圧倒されて下さい。

shoko_b.jpg



回る世界の果てで君が泣いている



箇条書きで人格ラヂオを表すなら。
切ない。温かい。メルヘン。ダーク。ノスタルジック。そんな所です。
初めて人格ラヂオの「ネジマキドリ」を聴いてから早一年経ちます。
あの時は単に「へぇー良い曲作るなぁ」くらいにしか思ってませんでした。ここまでハマるなんて想定外も想定外、やっぱりアーティストは一曲だけで判断してはならないなと肝に銘じた次第であります(笑)
ヴィジュアル系に分類されてるみたいですが、結構万人向けの声とメロディであると思います。
私はハスキーな歌声に一発K.Oでした。

先に書きましたが、曲調は何処となくノスタルジック。純日本風って言うのかな。別に日本風なメロディを使ってるとかそう言う訳じゃないんですけど。雰囲気が大正昭和の古き良き時代って感じなんですよ。
それでいてメルヘン。不思議な世界観を持った人たちです。
ただ、歌詞が仄暗いので、暗いのが嫌いな方は注意です。
とは言ってもただ暗いだけじゃなくて、奇麗な暗さです。暗いって言うよりも「昏い」ですかね。
この方達の言語センスにはいつも驚かされっぱなしです……。


01>>崩壊した街 支配されない場所
02>>再生の朝
03>>お人形さん
04>>溺愛
05>>午後の落下
06>>暗い春
07>>ネジマキドリ
08>>勿忘草
10>>体温
11>>食
12>>生命
13>>回路



03>>お人形さん

「埃まみれの人形 忘れられた人形
今日も亡き少女を 待ち続ける」


前奏から「おおおお人形さん!」って感じの曲です(え?)
一言で言ってしまえば“ダークメルヘン”。
電子音の乱舞が、物悲しさに拍車を掛けます……。


04>>溺愛

「私が解けるのを見る頃には
彼方はもう「動けない」」


私が人格ラヂオに真っ逆様に落ちた要因。
そして人格さんの言語センスに度肝を抜かれた記念すべき一作。
「この愛くるしい浴室で溺れるのは私だけ」
「彼方は指すら潤うことが出来ないでしょう」
絶妙です。「溺愛」と言うタイトルも最高。
サビの、和音なのか不協和音なのか微妙に解らないハモりも最高です。
音質が悪いとか言ったら駄目です。それこそが堪え難い魅力なんです……!(いや本当に)


07>>ネジマキドリ

「悲しまないでね、今度は僕がネジを巻くから。」

誰に聞かせても良い曲と言う評価が返ってくる凄い曲。
人格ラヂオの曲の中で初めて聴いた所為か、この曲のイメージである「メルヘン」が私の中での人格さんのイメージになってます。
多分一回聴いたら頭から離れなくなります。


人格ラヂオを今から聴くなら断然この「証拠」をオススメしますが、
私としてはマキシシングル「遊歩道」を激プッシュいたします。新作「姥捨て山」も泣かせてくれます。


テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽

// HOME // NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。