<FONT SIZE="1">灰色の貴方へディルアーングレーイ が大好きな大学一年生。 「アニメおたく」とか「小説おたく」とかじゃなくて、基本属性がおたく。 ちょっとでも気に入って頂けましたら、ポチっとしてやって下さい。大変励みになります。→<a href="http://blog.with2.net/link.php?78787"target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/banner_02.gif" border="0"></a> こちらも是非→<a href="http://www.webclap5.com/cgi-bin/clap3/clap.cgi?3-aestheticism" target="_blank"><img src="http://blog8.fc2.com/s/saku0304/file/nekochan.gif" alt="web拍手" border="0"></a> <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" target="_blank"> <img border="0" width="88" height="31" alt="" src="http://www20.a8.net/svt/bgt?aid=050514786260&wid=001&eno=01&mid=s00000001387003009000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U2PGI+4ASQ2A+APA+HWXLD" alt=""> <font size="1">……なんか…… HPに広告載せるだけで儲かるのって、良いですね☆ がっつり稼いで悠々生活、ああ確かにこれなら儲かるわ?な極意満載。 <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" target="_blank"> <img border="0" width="120" height="60" alt="" src="http://www27.a8.net/svt/bgt?aid=050503584245&wid=001&eno=01&mid=s00000001097003008000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www10.a8.net/0.gif?a8mat=U2GTC+41V7ZM+8GQ+HWPVL" alt=""> <FONT SIZE="1">eブックオフ……日本最大のオンライン中古書店。欲しい本等ありましたら、是非ご活用を☆2000円以上の買い上げで送料無料になります。 ちょっと自分で買いに行くのは恥ずかしい時に良いですね(笑)コンビニ受け渡しも選択可能です。かなりおススメ。CDのラインナップも充実! <a href="http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" target="_blank"> <img border="0" width="100" height="60" alt="" src="http://www29.a8.net/svt/bgt?aid=050428521532&wid=001&eno=01&mid=s00000002295003003000&mc=1"></a> <img border="0" width="1" height="1" src="http://www16.a8.net/0.gif?a8mat=U0UW9+8SQMLU+HPI+HVNAP" alt="">最近話題の電子書籍を購入できます。 本は持ち歩かないけどノートパソコンは持ち歩くよって方は、安価でDL出来るので是非☆この機会にデカダンの巨匠・太宰作品でも読んでみては??どうやら無料で本が出せたりもするらしいです。 </FONT><!-- バナー(FC2 Affiliate) ここから --> <a href="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/click.cgi?aff_userid=11530&aff_siteid=10886&aff_shopid=1" target="_blank"> <img src="http://cnt.affiliate.fc2.com/cgi-bin/banner.cgi?aff_siteid=10886&bid=43&uid=11530" width=120 height=60 border=0></a> <!-- ここまで --><font size="1">私がお世話になっているFC2ブログの方で、AS募集中だそうです。広告掲載で御小遣いゲットだぜー</font>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
kotounooni.jpg



あなた様のお名前のみ呼び続け申候



密室状態での恋人の死に始まり、その調査を依頼した素人探偵まで、衆人環視のもとで殺された蓑浦は、彼に不思議な友情を捧げる親友諸戸とともに、事件の真相を追って南紀の孤島へ向かうことになった。だが、そこで2人を待っていたのは、言語に絶する地獄図の世界であった…!『パノラマ島奇談』や『陰獣』と並ぶ、江戸川乱歩の長編代表作。
(「BOOK」データベースより)




知る人ぞ知る(笑)濃厚なゲイ小説推理小説。
「えっ、乱歩がゲイ小説?」ってその通り、ミーハーな私は今まで乱歩なんて「吸血鬼」くらいしか読んだこと無かったのに、その響きに引かれて此れを読みました。結果乱歩の術中に落ちましたけどね。作者が本物なので、表現が生々しい鮮やかで、引き込まれる引き込まれる。余りに熱中して読んでいたため電車降り損ねかけました。危ない。
耽美小説と言うジャンルは本当に最近読み始めたジャンルでありまして、それまで私は“ミステリ”ばかり読んでいました。それがこう……なんと言えば良いのか、ミステリと耽美小説が融合するとこうまでに香しくなるのかと思って唖然です。詰まる所、同性愛って美しいんですよね。


「BOOK」データベースでは「不思議な友情を捧げる親友諸戸」って書いてありますが、諸戸はそんなんじゃないですよ(笑)
不思議な友情って言うか狂おしいくらいの愛情って言うか。
とにかく、少年のような美貌を持った主人公蓑浦に美青年諸戸が求愛を重ねる様は息が詰まるほどです。諸戸に押し倒された時の蓑浦の独白、暗闇の中で交わされる熱っぽい会話、多分読めば解ると思うので詳しくは書きませんが、ぞくぞくしますね(腐)「僕を軽蔑しないでくれたまえ」と言う諸戸の台詞には、滑稽で笑みが零れるのと同時にリアルな生臭さも感じます。これらの表現の生々しさは、本物にしか書けないと思うんですよ。いやはや。
そりゃ勿論、ここまで大衆に支持されているからにはストーリーも申し分なく面白いんですが、でもやっぱりこの小説の魅力って言うのは蓑浦と諸戸の人間関係だと思うんですよね。設定は心底生唾モノだし、その設定が無ければこの二人の関係も際立たなかったとは思いますが、ぶっちゃけて言うとですね、主線はまごうことなくそれだと思うんですよ。乱歩自身が「諸戸が同性愛者である必然性はない」なんて良く解らない言い訳してますが、主線は二人の人間関係にあって、その他がそれを際立たせるエッセンスになっているとしか私には思えなかった。
「吸血鬼」を読んだ時にも感じたこと。それは、「乱歩は官能小説作家になればいいんじゃないか」ってことです。
推理小説にこだわって少年探偵団なんか書くより、こういったモノを一つでも多く送り出して欲しかった。
とか言うと乱歩ファンの方は怒るかもしれないですが……。

以下更に乱歩ファンに怒られそうなことを書くので反転しておきます。笑

友人と話していたのが、これは乱歩の壮大な「夢小説」なのではないかと言うことです。笑
夢小説と言うのは、まあ漫画だとかアニメだとかドラマだとかの好きなキャラクターと架空の主人公の恋愛物語を、名前変換機能を使って主人公のところに自分の名前を当て嵌めて読むと言うものです。
その友人とは更に酷いことに三島は日本のナチ萌同人作家第一号であるとかそう言う話もしたりするのですが、まあ何と言うかこの「孤島の鬼」と言う作品は非常にドリーミーではあると思います。しかしそれは良いんですがそうだとすると諸戸と蓑浦どっちが乱歩ですかね?と、邪推はここら辺にして先に進みますが。笑



冷やかし半分で読んでいたこの小説でしたが、最後の最後、最後の一行で魂を抜かれました。久々に本を読んで感動した。
苦しいくらいの余韻を味わいたくなったら是非。
でも乱歩作品で最初に此れを読んでしまったとしたら、それはそれで不幸かもしれないです。
多分此れを読んでしまったら、生半可な作品じゃもう感動出来ない(笑)
とっておきにしておくのも良いかもしれません。


スポンサーサイト
<< 薔薇への供物  中井英夫 // HOME // 家畜人ヤプー  沼正三 >>
椿さんこんばんは!お返事が遅くなって申し訳ありません。
全部の記事ですか?!ありがとうございます!
ここには自分で読んで何かしら心にグッと来たものしか載せていないので、何を読んでもハズレはない!と断言出来ます(笑)

孤島の鬼、読み始めたのですか!
アレ、本当に面白いですよね……!私も電車の中で読んでいて、降り損ねかけました(笑)

と言うよりも、同性愛好きのブログで申し訳ないです。
私も所謂「女の子向け」BLは苦手な性質なのですが、やっぱり同性愛小説は美しくて読んでしまいます。
理解出来るなら免疫が出来るのも直ぐ、きっとそのうち好きになって頂けると思う(そうか?)ので、是非是非色々良質な本を読んでみて下さい!
僭越ながら、このブログでそのお手伝いが出来たらな、と思っております。

ではでは、コメント有難うございました!
少しでも楽しんで頂けたなら幸いです★
【2005/11/01 Tue】 URL // きつき #7ScjOPVQ [ 編集 ]
こんばんは!!
このブログにある全部の記事を見ました。
全部面白そうなものばかりでわくわくします。
実はBLとかには免疫はないのですが、でも同性愛には理解があるつもりです。
なので、江戸川乱歩の「孤島の鬼」を今日買ってみました☆途中まで読んだのですが、止まりません!
ああ、長々と書いてしまったことをお許しください。そして、これからも質の良いもの達を教えてください。
【2005/10/30 Sun】 URL // 椿 #- [ 編集 ]

管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://saku0304.blog8.fc2.com/tb.php/17-0c73ae1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。